戦後日本外交研究は、近年多くの外交文書が公開されたこともあり急速に発展してきました。 しかし、研究の発展と共に専門分野の細分化が進み、日本外交の全体を俯瞰することはますます難しくなっています。 その一方で昨今の日本を取り巻く沖縄基地問題や尖閣・竹島問題といった外交への関心は高まりの一途を見せており、これらの問題の歴史的起源を知るためにも戦後日本外交を「歴史」として検証する試みが不可欠となってきています。


  本ウェブサイトは、戦後日本外交史に関する各種データを公開することで、研究者やジャーナリストの情報共有を促進することを目指しています。 具体的には第一に、情報公開法に基づく開示請求などで研究者が収集した外務省文書をウェブ上に掲載します。 第二に、『官報』に基づいて作成された戦後外務省人事一覧を公開します。この一覧は1989年までの戦後外務省の全課長級人事を網羅する予定です。 第三に、外務省から外交史料館から移管された文書の一覧(移管文書ファイル)を掲載し、各研究者が効率的に外交史料館所蔵文書を利用できるようにします



2014年8月1日

高橋 和宏(kazuhiro TAKAHASHI)
防衛大学校人間文化学科准教授
井上 正也(Masaya INOUE)
成蹊大学法学部教授
白鳥潤一郎(Junichiro SHIRATORI)
立教大学法学部助教